第10回定期総会

認定特定非営利活動法人フードバンク山梨【第10回定期総会】開催のご報告

 

2018年5月23日(水)第10回定期総会を南アルプス市八田ふれあい情報館2階にて開催しました。

正会員数75名に対し、本人出席16名、委任状提出41名、計57名の出席があり、全議案が可決・承認されましたことをご報告いたします。

 

審議事項

第1号議案 2017年度事業活動報告・活動決算報告・監査報告承認の件
第2号議案 定款一部変更の件
報告事項 1.2018年度事業活動計画及び活動予算について
  2.第5期理事会役員について

23名のオブザーバーにもご出席いただきました。多くのみなさまにお立会いいただき、無事に総会を終了できましたことに、心より感謝申し上げます。

 

soukai01soukai02

 

 

以下、理事長米山けい子の挨拶です。

10年目となるフードバンク活動

 

認定NPO法人フードバンク山梨

     理事長 米山 けい子

 

「わぁ~いっぱい入ってるよ。お宝だこれは!」

これはフードバンク山梨が送った食料支援の箱を開けた時の子どもの声です。

フードバンク山梨の目指す活動は、この様な子ども達の声に励まされ、後押しされ10年目を迎えました。またこの10年間活動を支えて下さる多くの企業・市民の皆様のお力添えがあったからこそ今があると思っております。心より感謝申し上げます。

活動を始めた10年前は、フードバンクと言う言葉すら知らない方々も多く、この10年間で認知度も飛躍的に高まりました。認知度の高まりと共に地域に根差した活動が広がりました。身近で苦しむ人たちを救おうという多くの皆様方の力の広がりは、私たちの想像を越えて大きなものとなりました。

そして活動は地域の身近で苦しむ方々との出会いや、話をする中で個人への食料支援が始まりました。現在、大きな広がりを見せている「フードバンクこども支援プロジェクト」は「先生なにか食べるものない?」と空腹を訴える子どもを何とかしたいと思った先生の想いから始まりました。それから学校との連携が始まり、これまで見えなかった子どもの貧困を可視化出来るまでになりました。フードバンク山梨はいつも走りながら新たな活動を、実践に移してきました。

そして、これからも未来において、常に身近な方々の声を大切にし、さらに大きな社会貢献の輪を広げていける様、スタッフ一同力を尽くしてまいりたいと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。