共同募金会のテーマ募金「フードバンクこども支援プロジェクト」がスタートします

*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._*:._.:*~*:._.:*~*

 kigyonominasama    gyoseinominasama 

*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._*:._.:*~*:._.:*~*

bokintopredbirdvideo2

山梨県共同募金が初めて取り組む社会課題解決プロジェクト(テーマ募金)に、「フードバンクこども支援プロジェクト」が採用されました。

この募金を通じて、2017年度の「フードバンクこども支援プロジェクト」を実現させていきたいと思います。

これまでも、食品のご寄付やボランティア、活動費のご寄付などにより、「フードバンクこども支援プロジェクト」は包括的な支援を行うことができました。

皆様のご寄付により、さらに多くの子どもたちを笑顔にできます。

下記の方法をご参照いただき、募金へのご協力をよろしくお願いいたします。

 

 ご寄付の方法

  ①フードバンク山梨事務局(電話番号055-298-4844又はメールアドレスこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。)にお問い合わせいただき、専用の振り込み用紙をご注文ください。

  ②クレジットカードをお持ちの方は、下記のリンクからもご寄付いただけます。

   共同募金会ホームページ「ふるサポ」

http://www.akaihane.or.jp/furusapo/doc/yamanashi.pdf

  ③フードバンク山梨事務所(〒400-0214山梨県南アルプス市百々3697-2 活動時間:平日8:30〜17:30)まで、ご寄付金を直接ご持参いただくことでも、ご寄付いただけます。

 

フードバンクこども支援プロジェクトとは

フードバンク山梨では、2015年から「フードバンクこども支援プロジェクト」を実施しています。

このプロジェクトは、生活に困窮している子どもと、そのご家庭を支援するために始まりました。

子ども達が心待ちにしている夏休み、冬休みには給食がありません。栄養のある給食を食べることができず、普段より痩せてしまう子どもたちがいます。またその家庭では、その時の昼食に充てる食費や子どもが家にいる事による光熱費が増加し、普段以上に苦しい生活を余儀なくされてしまう現状があります。

「フードバンクこども支援プロジェクト」は、そのような子どもたちが夏休みと冬休みを少しでも楽しく過ごせるよう、食品をお届けしてきました。

夏休みには毎週、冬休みにはクリスマスイブに食品を届けています。

昨年の夏に実施した「フードバンクこども支援プロジェクト」では、222世帯、488人の子どもに1085箱の食品を宅配しました。

ksporei5

食品だけではなく、学習支援やバーベキューなど、幅広い企画も併せて行い、「旅行に行けない」「塾に行けない」という子どもたちに寄り添う支援を実施してきました

ksporei1ksporei3

また、支援家庭にアンケートもご協力いただき、生活困窮世帯の現状の把握とその発信により、社会に問題提起も行っています。

DSC05526

アンケートからは、切実な声、そして感謝の声も聴かれました。

 

10

そのような声に応え、今年の夏も、「フードバンクこども支援プロジェクト」を実施します。

2017年夏の「フードバンクこども支援プロジェクト」は、500世帯、1000人の子どもを支援したいと考えています。

プロジェクト成功のためには皆様のご支援が必要です。

一緒に子どもの貧困問題解決に取り組んでいきませんか。

温かいご支援をよろしくお願いいたします。