フードバンク山梨の活動と子どもの貧困(食のセーフティネット事業)

食のセーフティネットへのお問い合わせ
TEL 055-298-4844

『子供の未来応援動画』紹介映像でフードバンク山梨の活動が紹介されました

 0:00~2:10がフードバンク山梨の「子どもの貧困対策」食料支援の紹介です。御覧ください

 

video 0609

 

 

フードバンク山梨から見える「子どもの貧困」

認定NPO法人フードバンク山梨は2008年に設立し、市民や企業から提供されたまだ十分に食べられるもったいない食品(食品ロス)を福祉施設にお渡しする「フードバンク活動」を開始しました。 2010年には行政機関の窓口に相談にきた方で、食にお困りの方へ食品を宅配便でお届けする「食のセーフティネット事業」の取り組みが始まりました。2016年3月までには1356世帯2810人に16411箱の食品をお届けしました。お送りする食品の中にはスタッフの手書きの手紙と返信用ハガキを同封しています。届いた返信ハガキは2458枚(2016年3月まで)に上ります。以下は届いた返信ハガキです。

card2

card1

2014年には新潟県立大学村山教授、NHKとの共同で「子どもの食生活調査」を実施し、7割が1日1人あたりの食費が400円未満で生活していることがわかりました。「子どもの健康や発達に影響が現れたことはありますか?」という質問には「お腹をいっぱいにする為にお米をたくさん食べるようになった」「イライラしやすく肉や野菜が摂れず目が回った」「風邪をひきやすい」等、子どもの健康や発達を心配する声が寄せられました。本調査では米やパンなどの炭水化物の摂取が多く、肉や魚、野菜などが不足しバランスの悪い食生活が子どもの成長に影響を及ぼしていることも明らかになりました。

以下は調査の一部結果です。

shokuhi

6

調査の結果や、利用者からの「長期休暇中の食の支援」の希望を受け、2015年夏には日本初となる「フードバンクこども支援プロジェクト」実施しました。その際に、ある一つの学校から、夏休みに学校にきて「先生なにかたべるものある?」という生徒がいる。プロジェクトの仲間に入れて欲しいというご希望があり、初めて学校と連携した食料 支援が開始されました。この取り組みは週に1回、計5回に渡り、学校給食のない長期休暇に食品を届け、冬には食品とクリススプレゼントをお送りしました。

夏の報告はこちら→http://fbyamana.fbmatch.net/newsall/62-2016-09-05-07-22-39

 

2016年夏の「第3回フードバンク子ども支援プロジェクト」実施時には中央市、中央市教育委員会、フードバンク山梨の三者で「子どもの貧困対策連携協定」を 締結し、8つの小中学校の生徒を対象として食料支援申請の受付を開始しました。冬には、南アルプス市と笛吹市とも連携をし、過去最高となる511世帯1823人(内子ども1078人)に食料支援と合せて学習支援やバーベキュー大会など包括的な支援を実施しました。

chuourenkei

中央市、教育委員会と子どもの貧困対策連携協定を締結 (2016年5月12日)

huehukirenkei

笛吹市・教育委員会と子どもの貧困対策連携協定を締結(2016年12月5日)

 

「フードバンク子ども支援プロジェクト」は食品を集める「フードドライブ」食品をお送りする「食料支援」楽しい思い出づくりをする「フードバンクキッチン(BBQ)」そして「学習支援」の4つの取り組みの総称です。

 ksporei2

2016年夏にはヴァンフォーレ甲府のご協力で、試合会場でフードドライブを実施 

ksporei5   

スタートイベント(食品をお送りするイベント)の様子

ksporei3

夏休みの宿題を終わらせる事を目的にした学習支援

ksporei1

楽しい思い出づくり「フードバンクキッチン・BBQ」

 

 

利用者世帯数の推移

 saisinksphoukoku1

2016年10月には教育機関へのアンケート調査を実施し、学校で見える子どもの貧困がどれくらいあるのか、ということを調査しました。小中学校の先生の49%が「子どもが貧困状態」にあると感じたことがあると答え、衣服の汚れや集金の未納などから子どもの貧困が見えていた部分があったという結果がでました。そういった子どもたちの現状に触れながらも、どの様に対処をしていけば良いのか思い悩む現場の先生方の声も聞こえてきました。

調査の記事はこちら(毎日新聞)→http://mainichi.jp/articles/20170212/k00/00e/040/189000c

1Pho 3

2017年2月1日の山梨日日新聞の社会面の一面に取り上げて頂きました

shinnbun1

 

 

今後の予定

kp2017Ver.omote

kp2017Ver.ura

2017年3月末    赤い羽根共同募金テーマ募金で300万円を目標に募金活動実施終了

5月29日(月) 南アルプス市・南アルプス市教育委員会と「子どもの貧困対策連携協定」を締結 終了

6月02日(金) 山梨市・山梨市教育委員会と「子どもの貧困対策連携協定」を締結   終了     

6月03日(日) チャリティーイベントの実施 終了

6月08日(木) 支援世帯へのアンケート調査結果発表 終了

6月14日(水) 都留市・都留市教育委員会と「子どもの貧困対策連携協定」を締結   終了

7月中     フードドライブ・スクールフードドライブ・企業フードドライブの実施 開催中! 詳細はこちら!

7月26日(水)  スタートイベントの開催 

7月27日~8月18日(金)食料支援(計3回)ボランティア募集中!  

2017FD ura

 

7月15日(土)第1回フードバンクキッチン(ブルーベリー狩り)の実施

8月05日(土)第1回「くれよんひろば」学習支援の実施 ボランティア募集中!

8月09日(水)第2回「くれよんひろば」学習支援の実施 ボランティア募集中!

8月20日(日)第2回フードバンクキッチン(バーベキュー大会)の実施

 

このページをご覧下さっている皆さまへお願い:これらの取り組みは、全ての皆さまからのご寄付で賄われています。どうぞ、皆さまの温かいご協力をお願いいたします。あなたのご寄付が未来に夢を持てない子どもたちの道を作ります。

ご寄付についてはこちら

 

 

 

月に2回実施する「食のセーフティネット事業」について

 

snshikumi

食のセーフティネットとは、フードバンクが行政や社会福祉協議会、ホームレス支援団体、外国人支援団体等の公、民の機関・団体と連携する事で生活困窮者を把握し、支援が必要と認められた方々に食糧を届けるシステムです。

snshikumi

newsn2

snfile

snyousu

3

2014年度 食のセーフティネット事業報告書はこちらをクリック!

ご寄付:

子どもの未来を支える温かいご寄付のご協力をお願いいたします。

おいくらからでも受け付けております。

 

■郵便振替口座

口座番号 00220-0-100567
口座名義 フードバンク山梨

■銀行口座

銀行名 山梨中央銀行 県庁支店
番 号 (普通)671338
口座名義
特定非営利活動法人フードバンク山梨

理事長 米山恵子

HPからお問合せ

お問合せフォーム