「乳幼児期の貧困の把握に関するアンケート調査」を実施いたしました。

 本アンケート調査は、2017年フードバンクこども支援プロジェクトの申請者546世帯を対象に行った調査で、「ミルクやオムツが不足した時にどのような対応をとりましたか」という質問に対してミルクやオムツが不足したことがある世帯は、調査対象世帯のうち41.5%、過去1年間に経済的な理由で食料を購入できないことがあった世帯は、67.3%ということが明らかになりました。そのため、山梨県保育協議会にご協力いただき、保育所・認定子ども園の施設長・保育士が把握する乳幼児の貧困状況を調査・把握し、今後の支援につなげていく事を目的として実施いたしました。

 

以下より調査結果をご覧いただけます。

 

調査用紙は こちら 

※調査のお願い・施設長向けアンケート・保育士向けアンケートの順で統合しています。

 

調査概要は こちら

 

記述回答は こちら

 

あけましておめでとうございます

昨年中は多くの皆様のご支援で、沢山の子どもの笑顔に出会えました。心より感謝申し上げます。本年もスタッフ一同、子どもたちの未来を明るくしていくために力を尽くしたいと思いますので変わらぬご支援をよろしくお願いします。

                                    認定NPO法人フードバンク山梨 理事長 米山けい子
                                                      スタッフ一同

 

2018nenngajyou

 

 

フードバンクこども支援プロジェクト&フードドライブキャンペーンが始まりました!

11/10~12/24まで 食料支援・クリスマスプレゼント購入代を「ジャパンギビング」で募っております

11/1 10:00より 家庭に眠る食品(食品ロス)を集める取り組み「フードドライブ」のキックオフイベントを実施いたしました。山梨県高等学校PTA連合会会長とパルシステム山梨専務にお越しいただき、スクールフードドライブ・フードドライブの意気込みをお伝えいただきました。その後、子どもを想う一人ひとりがサンタとなるという願いを込めて、フードバンクサンタより、サンタ帽を授与しました。お一人おひとりの力が子どもたちの希望となります。集まった食品はクリスマスプレゼントとしてお送りします。どうぞ皆様のご協力をお願い致します。また、合せてご寄付のご協力もお願いしております。冬のフードバンクこども支援プロジェクトに利用させて頂きます。

2017KSPomote2017KSPura

 

 

今回のフードドライブでは、ヴァンフォーレ甲府で活躍する堀米選手から応援メッセージをいただいております!!

 horigomesensyu

 

 

FDKFPTAFDKFPL

山梨県高等学校PTA連合会 植村会長とパルシステム山梨 志村専務

 

 

 

食品のご寄付について(フードドライブ)

実施期間:11/1~12/27まではフードバンク山梨のみでの受付となります。11/27(月)~12/12(火)は各拠点での受付が開始されます。(※都留市社会福祉協議会は12/4から笛吹市生活援護課は12/1から開始です)

FDKFsyuugou 

 

お金の寄付について

1500人の子どもたちに食品と1人1000円分のおもちゃ券をプレゼント!

目標:300万円

コチラをクリック! ご寄付は冬のフードバンクこども支援プロジェクトで利用させて頂きます!

 

クラウドファンディングサイト「ジャパンギビング」にてご寄付を募っています!(11/10~12/24まで)

以下の画像をクリック頂ければサイトが開きます。

jpgiving