アンケート調査の報告

夏のフードバンクこども支援プロジェクトの利用者を対象に実施したアンケート調査について記者発表を行いました。

ほとんどの回答者が就労しているのにもかかわらず、収入が低く、貯蓄もできておらず、大変厳しい状況であることが分かりました。

これまで大変だった出来事に対し、

●休みの日お米もからっぽで、食べるものもなく、朝、昼と何もたべれなかった。
●子ども2人、夜、お腹がグーグーなりながらねた事もありました。
●高校の部活に入部するのに、ものすごくお金がかかることを知り、とても払えず入部をあきらめました。
●どんなに面接を受けてもひとり親だから受からず、仕事がみつからなかった

現在困っていることに対しては

●長期休みに、子供が絵日記などを書く事がない・・・どこにも連れて行けていないので
●節約しても生活が成り立たない。夜も思いきって仕事に出ればいいのだけど、子供の事を考えると一緒の時間をと思い、踏み切れない
●時間にも、気持ちにもお金にもまったく余裕がない毎日を送っています

など厳しい状況がわかりました。

フードバンク山梨が出来る事は小さいですが、少しでも困っている方々の助けになるような行動を起こしていきますので、ぜひ引き続き応援していただけましたら幸いでございます。

現在フードバンク山梨では冬のフードバンクこども支援プロジェクトに向けてご寄付のご協力をお願いしております。
ぜひ皆様の温かいご支援をよろしくお願い致します。
https://readyfor.jp/projects/29534

    

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL