ご寄付のお願い

【ご寄付/ご登録方法の見本はこちらをご覧ください】

月々1000円から子どもたちを支援するマンスリーサポーターはこちら

 

                         

※当法人にご寄付・入会いただく場合、上記のボタンから【領収書発行のための情報登録】をお願いしております。支払い方法は、クレジットカードと銀行からお選びいただけます(振込/振替の場合、住所情報が不明で、領収書が発行できない場合がございます。そのため、上記のボタンをクリックいただき情報を登録いただくか、以下のご寄付申し込み用紙をダウンロードの上、当法人までFAXなどでお知らせください)FAX番号:055-298-4885
 
☆ご寄付申し込み用紙(上記のボタンからの情報入力を希望しない場合にご利用下さい)
〇【個人用】ご寄付申し込み用紙はこちら(PDF)
〇【法人用】ご寄付申し込み用紙はこちら(PDF)

 

その他のご寄付受付

 

■フードバンク山梨のロゴにスマホをかざすだけで簡単に寄付いただける「つながる募金」
  • 30505452ab73cdb2186b09a03955dd32  ソフトバンク携帯料金でのご寄付
  • d0dd7a377edc2d45da2143cc61fddfb7  

■クラウドファンディングサイト

  • d3b0a6b272f9babe20c2edc49f723c41

 

 

お振込み方法

■郵便振替口座   

口座番号 00220-0-100567  
口座名義 フードバンク山梨

 
■郵便振込口座
記号 10820  口座番号 9923441
口座名義 特定非営利活動法人フードバンク山梨

 

■銀行口座  

銀行名 山梨中央銀行 県庁支店
番 号 (普通)671338
口座名義 特定非営利活動法人フードバンク山梨

 

    
 

お金のご寄付のお願い

私たちの活動

フードバンク山梨は、まだ食べられるのに捨てられてしまう食べ物(食品ロス)を企業・市民からご寄付いただき、無償で生活困窮者・施設などに配布しています。また、食べ物だけでなく、ご寄付や協賛金の受け付けも行っております。皆様からいただきましたご寄付は、生活困窮者支援のための活動費や運営費等に有効に役立たせていただきます。みなさまのご支援ご協力よろしくお願いいたします。

 

 わたしたちは
・お腹をすかせた方に無償で食べ物をお送りします
・夏休み・冬休みの子どもたちに食べ物をお送りします
・塾にいけない子どもたちに学習の支援をします
・レジャーなどに行くことができない子どもたちに楽しい場を提供をします (バーベキューなど)
・市民同士が助け合う共助の関係を築くこと、また、寄付者自身が食品ロスや貧困問題を考える機会となるように、 フードドライブやきずなBOXなどの取り組みを
 推進します。

5398a4d151bd1a8fbfe0919f19f2c9f9_l 57d43aee44c8abe564dbf090c000d4ff b0f120f4bb7782071bf7da622f7f564c    

   家族揃って食品箱を開ける様子                       学習支援の様子          バーベキュー会場で水遊びをする子どもたち
 
 

■募金で応援

 フードバンク山梨では、山梨県の飲食店やスーパー等で募金箱を設置いただいています。ご協力店舗はこちら

 

領収書の発行について

クレジットカード、かざして募金からの寄付・継続寄付をいただいた場合の領収書の発行は、年1回となります。1~12月受領分をまとめて発行し、翌年1月中に送付します。(定期的な領収書のお送りは、紛失の可能性があるとのお声をいただいておりますので確定申告前にまとめてお送りしております。)領収書の発行日はお申込み日・決済日ではなく、寄付サイトから当法人への入金日となります。(例:2018年12月お申込み分⇒2~3か月後入金となるため、発行の日付は2019年2月~3月になります。)領収書の発行を急がれる場合は、お申込日から3か月以降であれば、発行可能ですのでお申し付け下さい。
 
寄付金控除は5年さかのぼった年まで申告が可能です。
電信・ATM・金融機関からのHPからのお振込の場合、お名前と振込み金額以外の情報が得られないため、確認がとれず領収書をお届け出来ないことがございます。領収書をご希望の方は、上記のボタンから情報をご登録いただくか、ご一報下さい 

寄付用振込用紙をご要望の場合はこちらに「寄付用振込用紙希望」と書いてメールでお送り下さい。お電話でも承っております。基本的に1周間以内にお届け致します。
 

 【お知らせ】2016年10月より認定NPO法人になりました。

027
 
028
 
個人のメリット

「寄付金控除」が受けられます。例)1万円のご寄付を頂いた場合 10000円-2000円=8000×40%=3200円がお手元に戻ります。※詳細は内閣府HP 個人が認定・特例認定NPO法人に寄附した場合をご覧ください

個人(山梨県民)のメリット
上記の「寄附金控除」に加えてさらに10%の地方税が控除されます。例)1万円のご寄付を頂いた場合10000円-2000円×10%=800円 上記の控除と合せて4000円がお手元に戻ります。※控除額には一定の上限額があります。また、所得によっては従来の所得税控除方式が有利になる場合があります。詳しくは最寄の税務署にお問合せ下さい。※寄付金控除は5年さかのぼった年まで申告が可能です。
法人のメリット
一般の損金算入限度額とは別に、別枠の特別損金算入額が設けられており、その範囲内であれば損金の額に算入することが可能です。計算式は以下の通りです。


●認定NPO法人に対する寄付金に係る損金算入限度額
 1.資本がある法人(期末資本金の額×0.375%+所得金額※×6.25)×1/2
 2.資本がない法人(所得金額×6.25%)

●一般の寄付金に係る損金算入限度額
 1.資本がある法人(期末資本金の額×0.25%+所得金額※×2.5)×1/4
 2.資本がない法人(所得金額※×1.25%)
※所得金額=当期純利益に税額調整をした額+寄付金の支出額

詳しくは農水省HP 4.フードバンクへの食品提供・寄附に係る税制上の取扱い(3Pから)をご確認ください

  •  

 遺贈、相続財産のご寄付について

9d0e4df6b797450f7a33ef00f45f2335
 
effed3ce4ef2f1e806a7a88ef0ba5921
  • 一般には、お亡くなりになる方が、遺言によって、財産の全部または一部を法定相続人または法定相続人以外の人(自然人または法人)に無償で譲渡(贈与)することを「遺贈」といいます。当法人では、遺言による寄付(遺贈)に加えて、相続財産の寄付、信託による寄付、の3つを総称した「遺贈寄付」の受付を行っております。

     
    「遺贈寄付」特設ページは>>こちらから
  • botun1

利用者の声

 クリックで拡大します

 

 

■フードバンク山梨へのご入会についてはこちらへ>>>
  • 04ef03fce9c198f57ce942b8aa2dfae3
  • 0e1a8f20eca2b36ecc73ae1e37474784
b37aee18127cb0ede466076dfddfe8c4