バレンタイン・ホワイトデーはフードバンクへ

バレンタインの季節がやってきましたね!
ただ一方で、食品ロスにつながってしまうチョコレートがたくさん出てきてしまう季節でもあります。

㈱ジーユーエヌの「バレンタインの意識調査」によると、チョコレートもらったことのある男性300人のうち、「自分でチョコを食べるか」の質問に対し、29.7%が「食べていない」、その内の12.4%は「捨てる」と回答した事が明らかになりました。

こうして捨てられる食品がある一方、日本の子どもの貧困率は13.9%、7人に1人が貧困世帯で暮らしています。
フードバンク山梨の利用者の多くは「子どもにお菓子を買ってあげてたくても買ってあげられない」など大変厳しい生活状況にあります。

このような家庭を応援するために、バレンタインデーとホワイトデーに合わせ、2月12日(水)~3月27日(金)までの期間フードバンク山梨事務所にてチョコレートやお菓子を集中的に募集いたします。(詳細は下部チラシをご覧ください)

食べきれないチョコレートやお菓子がありましたら、ぜひフードバンク山梨へご寄付ください。ご協力をよろしくお願いいたします。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL